30代,肌,悩み

30代入ってから初めて感じた新しい肌の悩み

20代の頃までは、何も考えずに好きなメイクを楽しんでいました。特にアイメイク。多少寝不足気味とかだと、クマが少し目立ってはいたけれど、コンシーラーで簡単に隠せたし、そんなに気にならなかったものです。
それが、30代入ってから徐々に変化を感じてきたのです。

 

いつものように、仕事帰りに電車に乗っていました。
疲れたなぁと思いながら、暇つぶしにスマホをいじってました。あと、どれくらいで着くかなとふと顔を上げたとき、電車のガラスにうつった自分の顔にビックリ。
めちゃくちゃ疲れ顔にうつっていたのです。しかも、すごく老けた感じに。
ものすごくショックで、直視できず、家に帰ってすぐ化粧を落としました。老化が知らないあいだに進んでる!と思って、とにかく肌に悪いとされる化粧を一刻も早く落としたかったのです。
30代ってこんなことになっちゃうの?
毎日鏡を見てたから、自分では少しずつ変化している老化に気づかずにいたよう。
よくよく肌を観察してみると、前よりも目の下のシミが増えてるし、朝は大丈夫なのに仕事終わりの時には、ファンデーションがよれていて、目の下の細かいシワやほうれい線に入り込んでいる状態に。
そろそろエイジングエア目的のスキンケアとかに変えないといけない年齢になってきたのかなと落ち込んだのでした。